司法書士が横浜にて各種お困りごとに対応してまいります

横浜市内にて司法書士が各種疑問にお答えいたします。初めて相談するので緊張するという方もいらっしゃいますがご安心ください。初回相談は無料で行っており。無理にご契約を交わすことはございません。まずは話だけでも聞いてほしいという際も遠慮なくご連絡ください。
司法書士の説明が丁寧と横浜にて話題の事務所は、皆様から寄せられた様々な質問をよくある質問のページに掲載しておりますので、お困りの際はぜひ一度ご覧ください。
よくある質問
不動産の相続登記はいつまでにしなければなりませんか?

相続登記に期限はありません。いつ行っていただいても大丈夫です。ただし、あまりに時間が経過してしまうと、関係者が亡くなるなどして、手続きが複雑になってしまう可能性がございます。できるだけ早めの相続登記をおすすめいたします。

相続は必ず法律相続割合に従わないといけないのですか?

民法には、各相続人の法定の相続分がはっきりと規定されておりますが、相続人全員の協議が整えば、自由に遺産の承継の仕方や割合を決めることができます。
ただし、協議が整わない場合は、法定相続分を目安とし、生前になされた贈与や被相続人への寄与分などを考慮して分割をすることになります。
また、相続人間での協議が整わないときは、家庭裁判所の調停や審判で決めることになります。

相続人に嫡出子と非嫡出子がいる場合、法定相続分はどのようになりますか?

婚姻関係にある男女の間に生まれた子供のことを「嫡出子」、婚姻関係にない男女の間に生まれた子供のことを「非嫡出子」といいます。
非嫡出子であっても、被相続人に認知されていれば相続権があります。
子供の中に嫡出子と非嫡出子がいる場合は、非嫡出子の相続分は、嫡出子の半分になります。

寄与分とは何ですか?

寄与分とは、相続人が被相続人の事業や財産の維持・増加に特別の貢献をした場合に、その相続人の相続分とは別に受け取れる財産のことをいいます。
その相続において寄与分を認めるか、認めるとすればその額はどれくらいかということについては、相続人間で協議をして決めることになります。
相続人間で協議がまとまらない場合や、協議ができない場合は、家庭裁判所に寄与分を定める調停・審判を申し立てることになります。

特別受益とはなんですか?

特別受益とは、相続人が被相続人から受けた生前贈与や遺贈のことです。
相続の際には、相続人間の公平を図るため、特別受益を受けた相続人の相続分から特別受益を差引く制度(特別受益の持ち戻し)があります。
なお、遺贈は全て特別受益となりますが、生前贈与は、生計の資本としての費用のみが特別受益にあたります。

遺言を後から変更することはできますか?

もちろん可能です。一度遺言を作成したからといって、最後までそのようにしなければならないというわけではありません。ご本人のお気持ちやご事情が変われば、遺言はいつでも変更・取り消しをすることができます。

遺言はどのように保管すればいいですか?

公正証書遺言書の原本は、公証人役場に保管されます。公正証書遺言でしたら保管についての心配はいりません。
しかし、自筆証書遺言の場合は、遺言者自身で保管しておかなければいけません。ご遺族がすぐにわかる場所にしまっておく方法や、遺言執行者や信頼できる人に預けておくなどの方法がよろしいかと思います。

相続登記をしないまま放っておくと、何か問題はありますか?

相続登記を行わずにそのまま放っておくことは、決しておすすめできません。名義人の方が亡くなられた場合は、すぐに相続登記を行っていただくのが、最良の方法と思います。
名義人の方が亡くなられ、その相続登記をしないままに相続人が亡くなられますと、新たに権利を取得される方が増え、通常は権利関係がより複雑になってしまいます。
相続関係人が増えると、場合によっては、今までほとんどお付合いのなかった遠い親戚の方とも遺産分割協議をしなければならなくなるケースもございます。
また、相続人がご健在でも、ご高齢になるなどして、認知症等で意思表示ができないような場合には、その相続人に代わって遺産分割協議を行う成年後見人や特別代理人の選任が必要となります。
このように、相続の手続きは時間が経過すればするほど複雑・煩雑になってまいります。相続財産の大小にかかわらず、名義人の方が亡くなってすぐに相続登記を行うのが、最良の方法ではないかと思います。

横浜で司法書士へのご相談をお考えでしたら、いつでもお問い合わせください。司法書士行政書士オフィスウェールムは各種お悩みが寄せられておりますが、養育費のご相談も大歓迎です。離婚をしようと思うが養育費について話を聞きたいとのご質問もございます。その他、寄せられている質問をサイト上に掲載しております。回答と合わせて掲載してまいりますので、お困りの際は一度ご覧ください。初めてのことで戸惑われる方が多くいらっしゃいますが、しっかりと対応いたします。
評判が高い司法書士として、横浜各地で活躍しております。離婚後養育費が支払われなくなったり、金額が少なくなったりとお悩みの方もお見受けいたします。公正証書の作成や調停の申し立てをはじめ、養育費の支払い請求や強制執行の申し立てもお手伝いいたしますので、皆様のお悩みを遠慮なくお伝えください。